上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.30 連休三日目
仕事をしていますよ。いやったぁー♪



お昼、昼飯を買いに出かけつつ、芝公園のあたりを散歩。


ぜんぜん人がいない。
そして良い天気。
のんびり、おだやかな気持ちになりました。



お、仕事仕事。


スポンサーサイト
2007.04.29 奇縁
奇縁というのはあるもので、中学時代仲の良かった友人が、
おいらを含めて三人、東京都K東区に住んでいます。
ちなみに中学は、大阪府でした。


そのうちのひとり。K君と、今日はしこたま呑んできました。
長年良く知ってるから、という気を使わない感じが良し。
本当に楽しい夜でした。


最近、春のせいか、久々の人から連絡が来たり、
普段なかなか会わない人から呑みのお誘いを
いただいたりします。

勉強のために時間を割かなくてはいけないのだけれど、
音楽を一休みするからこそ、そういう関わりを大切に
しなくてはいけない、と、強くおもいました。


2007.04.28 GW初日
仕事をしていますよ。やっほーい!



暖かい日差しに包まれた新橋は、
それはそれですがすがしいのだけれど、
土曜だと特に、やはりゆうべの残り香というか残滓というか、
そういう雰囲気がただよっています。



こういうカオスじみた街が、昔っから好きなのではあるのですが。


2007.04.27 やきもき
やきもきが、続いております。
教材が届くまでの4~5日、ずっと続きそうです。

連休があるから、更に遅れる…。
なんてことの無いように願いたいものです。



本屋に入って、会計にSuicaが使えるというので
「Suicaでお願いします」といったら明らかに、

「開店直後だったために準備が不十分で…」

という感じで、端末機のセッティングができていなかった。
機械を立ち上げて…ローディングにも時間がかかる…
「すみません、少々お時間頂いてしまうのですが…」
と言うので、じゃ現金で結構です、と現金で済ませてしまった。


準備を怠ってはいけない。自分も気をつけようと思いました。



それにしても、この時期都心を練り歩いていると、
必ずと言っていいほどフレッシャーズの群れにぶつかります。

それはそれは初々しくて良いのだけれど、
みんなで携帯で東京タワーを撮影するの、やめましょうね。


2007.04.26 ついに
昨日、申込を済ませてきました。


あっけないもので、申込書を提出して、頭金を払って、おしまい。
あとは受講証や教材が届くまで、4~5日待ってくださいとのこと。

頭金の¥5000持ってなくて、慌てて近所のコンビニへ…
という失態はあったものの、滞りなく済ませてきました。



さーて、いよいよですよ。
いよいよなのですが、ここまで来たのにまだ勉強が始められない。
何だか、やきもきさせられています。


2007.04.24 さて
いよいよ、何もなければ明日、学習の申し込みをします。


色々事情があって、通常のカリキュラムより少し
遅れてしまいましたが、ほぼ定常通りのスタートになります。


うだうだ言ってきたブログでしたが、本格的に
学習内容をお伝えしたり、備忘録的なブログになります。


今まで以上に皆さんにとって退屈な内容になるかも知れません。
辛さや弱音を露呈する内容になってしまうかも知れません。
でも自分を律するためにはじめた「勉強唄う鍋」です。



皆さんに、叱咤激励してもらえたら、嬉しいです。
引き続き、ヨロシクお願いいたします!


おいらにとってラッキーだったのは、ある同業者の人も、
同時期に公認会計士試験を受けるための勉強をはじめる!
と言ってくれたことです。

正直言って、勉強する上での強みとして、
これが最も大きな要素だと思います。

一緒に高めあえる人・情報交換ができる人がいることは、
本当に心強いです。
その人も同業者なので、資格を取る目的・意図は同じようなものです。
なので余計に分かり合えるので、本当に良かった!
お互い分からないところを教えあったりすることで、
学習効果の向上を目指します。


閑話休題。


・野球はアメリカで生まれた。
・だから、ポジションの名前は英語だ。
・一塁手は英語で「ファースト」と言う。
ここまで分かれば、二塁手はセカンドで三塁手はサードと分かる。

こうやって、断片的な多くの情報をつなげて、
一つの輪のようにすると、結果として覚えておくことが少なくなる。
こうなることが、暗記学習の理想だそうです。

たくさん覚えて、色んなもののつながりが見えて、
「なるほど!」と思ったときが大事なわけです。


以前にある人が本の中で、
【教養のある人とは、人から物を訊かれた時に、
「○○という本の○ページあたりを見れば答えが分かりますよ」
 と言えるような人のことを言う】
と言っていました。

ただ単に知識・雑学のある人、ではなく、
人としてもこういった教養の持ち主になりたいもんです。


僕は今、【人にものを教えること】をなりわいにしています。

人にものを教えるには、自分が理解していないといけない。
でも、生まれたてのホットな情報をお客さんに伝えなくては
いけない時など、あんまりちゃんと理解してないのに
伝えなきゃいけない時もあります。
そういう時は、しれっとした顔して教えながら、
内心はヒヤヒヤしていたり(笑)、あとで間違いに気付いて
慌てて訂正したりしています。

でもこうしてヒヤヒヤしたり訂正したりするときは、
あらためてきちんと理解するために集中して調べなおします。
なので、こういうことはなかなか忘れられない。

【学習は、繰り返しとインパクトだ】と、ある同業者が言っておりまして。
これは言い得て妙というか、全くその通りだと思うのです。
ヒヤヒヤした経験や、間違えて調べなおしたりしたことが
インパクトになり、更に調べなおしによる繰り返しもあって、
より強く記憶になっていくんですね。


こうやって仕事で身に付けたことも、学習に生かしてゆける。
これは学生には無い、社会人受験者のメリットなのでは?と思っています。


あとは、マンガ「ドラゴン桜」に登場する勉強法も、
まとめサイトなどで調べてみました。

やはり「東大に受かるため」の勉強法が多いので、
そのまま参考にはならないのですが、
「メモリーツリー記憶法」だとか、
「音読による記憶法」や、睡眠時間・記憶に適した時間についてなど、
なるほど~とうなる項目もあり、書き留めたりしました。



そして僕には、前提として、いわゆる企業会計の知識があまりありません。
簿記の資格も持っていないし、仕分けの方法を学んだことも無い。

なので、仮に本を読んで予備知識を身に付けておこうとしても、
よっぽどの入門書でないと理解できないだろうと思いました。
で、この本を見つけました。
「足し算と引き算だけでわかる会計入門」(日経ビジネス人文庫)

会計に興味があるけど、まーったく初歩の知識もありません!
という方に、特におススメです。
僕自身は「さすがにそのくらいわかるよ!」ということもありましたが、
頭の中を整理する上ではとても役に立ちました。


会計学の本はビジネス文庫等でたくさんありますが、
初歩の初歩を書いたものはなかなか無いので、本当に助かりました。
これを読んでから、もう少しレベルの高いもの
(と言っても「ナントカ会計入門」くらいのもの)
を読むと、十分理解できます。



こうして予備知識の習得も、余念なく進めているわけです。


で、今度は勉強法です。ここらは本当に「備忘録」ですが。

まず、公認会計士試験の科目は個別に紹介しませんが、
・暗記が重要になる科目
・計算が重要になる科目(主に簿記ですね)
まぁ理論的な理解はどちらにも関連するとして、
大別すると上のような区分けができるわけです。


で、計算の方は、どんな本を読んでも面白いくらい同じことが書いてある。
「計算(簿記)はスポーツだ」
「計算(簿記)は繰り返すしか勉強法はない」
「計算(簿記)は退屈な反復をどれだけ繰り返せるかが勝負」
ここまで言われたら、反論の余地は無いでしょう。
えぇえぇ、反復してやろうじゃありませんか。


んで、問題は暗記の方です。
30歳になると、自分でも分かるわけですよ。
記憶力の低下とか、脳機能の低下みたいなものがね。
次の言葉がなかなか出てこなかったり、
代名詞で喋ることがやたら増えてきたりとか、するんです。

そんな憂鬱な30代。解決のすべはあるのか…と思っていたら、
脳のメカニズムのおはなしを知りました。

人間の記憶には「忘却曲線」なるものがあって、
まぁ簡単に言うと、人間、覚えた40分後には半分忘れてると。
で、その後少しずつ忘れていくので、
早い段階で復習するのが効果的ですよ、という理論みたい。

結局計算と同じで反復が重要っていうことなのだろうけど、
「忘却曲線」の理論には、「このへんで復習しとくといいよ」
っていうポイントなんかも紹介されていて、参考になりました。


こんなことを踏まえて、
・帰宅後か週末にまとめて、講義DVDを視聴
・朝早めに起きて、復習の時間にする
・移動や仕事の合間の時間を使って、計算の反復等をやる
というスケジュールをベースに、やってみようと思っています。


うわ、本格的になってきた。


2007.04.18 いきさつ3
やるかということにはなりましたが、勉強しなくてはいけません。


独学では絶対無理。みんな専門学校を利用しています。
「本気になったら」で有名なある学校のセミナーを受けたり、
カリキュラムを調べたりしているうちに、大変なことに気づきます。


おいら普段、仕事をしているのです。
一般的なカリキュラムを見ると、1~2年の学習期間のうち、
多いときには週6回も学校に行かなくてはいけません。
しかも、一回の授業は3時間。その他に復習も必要でしょう。
とてもじゃないけど、これは無理です。

出張も増えてきました。最近は大分などにも行っています。
東京にいても、夜遅くまで仕事をすることもあります。
もう少し、土日をうまく利用して学習できる方法は無いものか…。



そこで、
1短答科目合格パックを利用
下の図のように、
image1.gif
短答(マークシート)科目と論文科目で、かぶっている4科目だけを最初の二年間で学習し、受験します。
こうすることで、確実に最低2科目はとりこぼしてしまうのですが、
その分学習時間をある程度削減できることを選択しました。

2上級コースを利用
上記1でまず2009年に受験をした後、とりこぼした科目
(できるだけ少なくて済むようにがんばる必要があります…)
だけを、三年目に勉強します。
仮に上記の二科目(租税法と選択科目)だけを取りこぼした場合、
合計でもだいぶ価格も安く、また学習時間も当然、1~2年目より
少ないかたちで勉強することが可能です。

3DVD通信を利用
そうはいっても、1の場合であっても、最もピークの時では
週4回は授業を受けなくてはなりません。
授業は平日が多く、仕事との両立は大変厳しそうです。
そこで、ある程度自分で学習時間を設定できる、
DVD通信教育を受けることにしました。
学習進捗に応じて提出物もあるし、担任がついて個別に
質問や学習相談に答えてもくれるみたいです。



こんな風にして、まずは学習プランを決定してゆきました。


2007.04.17 いきさつ2
はい、おはようございます。
というわけで、続きです。


公認会計士。
聞いたことはあるけど、実際どんな仕事をしてるんだろう?
1監査法人に勤めて、大手企業の会計監査をする
2税理士登録をして、中小企業の税理業務やコンサルティングをする
3企業内会計士として、企業内部の会計に携わる
などがよくある仕事のようです。

へぇ、税理士として登録できるんだ!
これには驚きました。しかも、税理士試験のように学歴等の
制限が特に無いというのです。
おいらがこの資格を生かすとしたら、断然2です。
今やっている仕事や、仕事上の人間関係とも
有機的に結びつけることができることも、魅力的です。


去年制度が変わって、受験しやすくなったというのも気になりました。
1学歴等の受験資格が、完全廃止に
2「科目合格制」になり、合格科目が向こう二年間有効に

特に2は、今までの受験生は、一科目でも落としたら
すべての科目を翌年受けなおさなくちゃいけなかった。
しかし今度の新制度では、向こう二年は合格が有効。
つまり、翌年は不合格だった科目だけを勉強すればいい。
詳しくは下図の通り。
image2.gif

これは驚きです。
実際に去年、この制度に変わり、合格者数は三倍ほどになりました。


ううむ。これはおいらに、やってみろって言ってるのかな?
最近「縁の無いことはあきらめる」ということを自然にやってます。
・部屋探しをしているのに、なかなか良い部屋に巡り合えない
・漠然と本屋に行っても、これだと思う本に行き当たらない
こんな時に、「縁が無かった」と思ってあきらめるのです。

この論法からすると、公認会計士という資格には、おいら「縁がある」。
(シアワセな思い込みだよまったく)


そんなこんなで、それではやるか、ということになったのです。


思いっきり説明口調の日記が続いていて、
まったく申し訳ありません。

来週からはじまる学習に向けて、
早く前段のお話を伝えておかなくては、
と、まとめて書き溜めたものを
順次アップしているのです。
(この日記は、今オンタイムで書いてます)

今日も実は大分(「だいぶ」でなくて「おおいた」)
に出張していたり、それなりに多忙です。

今日は東京と同じく、大分も雨。
大分空港からは、ホーバークラフトに乗って
別府湾を対岸に渡るのですが、
今日はそれが揺れる揺れる。
揺れる。
英語で言うと「シェイク」ですよ。
「シェイク・ラトル&ロール」
(シェイク・ベイベー)
ですよ(?)。


行きは、
電車→モノレール→飛行機→ホーバー→車
帰りは、
車→ホーバー→飛行機
→モノレール→電車→タクシー(疲れた)
のりものオンパレードでさきほど帰宅。
あー日帰りで行くところじゃありませんよっと。



そんなわけで、続きは明日書きます。
お土産は、かぼす醤油でした。


おいらは、経営コンサルタントという仕事をしています。
この仕事をはじめて3~4年くらいになりますが、
自分に向いている、楽しい仕事だと思います。
おかげさまで最近は、仕事の方が忙しすぎて
なかなか音楽活動ができない、というぐらいです。

ずっとこの仕事を続けたいのですが、
いつも、いつもまでも、今と同じように、
多くの仕事に恵まれるとも限りません。
家族もいることだし、安定した収入を確保しないと、
年をとってから大変なことになるぞ。
ということも、悩みのひとつです。

そう考えたとき、対策として有効なのは、
資格を取ることだ!と思いつきました。


まずは、コンサルタントとして唯一の国家資格である、
「中小企業診断士」というものに目をつけました。
周りにも持っている人が多いし、話を聞き、
簡単に勉強をはじめたりもしてみました。

しかし、この資格を、直接自分の仕事に役立てている
人がとても少ないことに気が付きました。
取ったから、何か特別なことが起きるということでも無いのです。
これでは、当初の目的が達成できません。

次に、税理士の資格に目をつけました。
税務のプロである税理士は、中小企業の面倒な財務を
代行する、税務・会計のプロです。
普段の会計業務の中から、経営面にアドバイスをすることもできます。

しかし、税理士の資格を取るには、大学卒業など、
学歴などに制限があることが分かりました。
大学を二年で勝手に卒業(2単位)してしまったおいらは、
生まれて初めて勉強しなかったことを後悔しつつ、断念しました。


さぁ、困りました。
弁護士試験や医師国家試験がどだい無理なことは知っています。
しかし危険物取扱主任者や食品衛生責任者の資格を持っていても、
コンサルタントにはほとんど役に立たないことでしょう。
宅建や不動産鑑定士も、何か自分には違う感じがしました。

ある日ふと、公認会計士の資格に注目しました。
ものの本やインターネットで調べていると、どうやら
去年から制度が代わり、少し合格しやすくなったらしいのです。




つづく


2007.04.15 はじめました
Mixiや本家Webをご覧の方におかれましては、
驚かれた向きもあろうかと思います。


そうなのです。
おいらは何を勘違いしたのか、
公認会計士を目指すことにしたのです。


目指すだけなら自由なのだ…?


まぁでも本気です。今月末からはじまる学習、
最短で4年の長い道のりです。

ここではまず、どうしておいらが公認会計士を
目指そうと考えたのか、というイキサツや、
どんな学習準備をしているのか等の予備的な情報を、
学習がはじまるまでの間お伝えしようと思っています。乞うご期待。


そして学習がはじまってからは、三日坊主や中だるみを
防ぐ目的でこのブログを書こう!という目的にも使いますので、
学習・復習の備忘録みたいな役割も、期待しています。
(その辺は、見てる人には退屈かも知れないけど…)


というわけで、改めてヨロシクお願いします。




そしてもうひとつ、大切なお知らせです。
おいらの大切なアニキ、ハシモト氏が亡くなりました。
http://www.geocities.jp/ryoh030jp/aniki.htm
つたない追悼文です。良かったら読んで下さい。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。