上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【鉄子の旅】を読んでみたい今日このごろです。




先日の大分出張では、はじめてのことが沢山ありました。

1
まず、行きの飛行機の中で「化石のような」キャビン・アテンダント
の方の接遇を受けました。こりゃびっくりした。
自分の母親と同年代ではなかろうかというこの化石は、
教育係なんだかなんだか知らないが、やたら丁寧に
接遇してくれて、それはとてもまぁそれなりに嬉しかったです。

2
そして、大分から乗るホーバークラフト(普通に英語をそのまま読むと
「ホバー」なのですが、地元での呼び方が「ホーバー」なので準拠しています)
のターミナルに、いつも出ている「波の状態」という看板が、

「穏やか」

であったこと。
・やや波が高い
・波が高い
↑のような表示ばかり毎回目にしていたので、
「穏やか」という表示は無いのだろうと思ってました。
どんなに穏やかな波でも「やや波が高い」と言うのだろうと。
しかし、しかしですよ。あったのです。「穏やか」が。

そして乗ってみると、本当に穏やかなのでした。秀喜感激。


3
そして極めつけは、帰りの飛行機。
空港に少し早く着くことができたので、チェックインのときに
1000円余計に支払って「クラスJ」という良い席にチェンジしたのです。
・足が伸びる
・肘置きがあり、ゆったりしている
・リクライニングを倒すと、背中と一緒にお尻の部分も前に動く
・上着が席の前に掛けられる
・お菓子が出る
などという特典付きの席で、本当にのんびりできるのですが、
寛いでいるとフライト中、これまたベテランのキャビン・アテンダントの方が傍に来て、
「平間様、いつもご搭乗ありがとうございます」
と、渋い声(真矢みき風)で言ってくれるではありませんか!



驚きました。1000円払うと名前を呼んでくれるのです!!
点呼、ではありませんので悪しからず。

しかし、接遇担当に名前を呼ばれるだけで、
人間こんなにVIPな気分になれるのかと思いました。
一種のカルチャーショックのような経験でしたよ、これは。


スポンサーサイト
2007.05.29 質問です
さて、今から大分に行ってきます。
今日も空弁、いや空勉です。
ホーバークラフトが天候不良で欠航し、
その上高速が霧で通行止めになったら客先までたどり着けないので、
そうならないように祈ることにします。


昨日問題集のおさらいをしていましたが、
7項あるうちの2項こなすのに1時間かかり、苦戦。
飛行機の中で続きをやることにします。

お土産は例によって「かぼす醤油」にしようとしたら、
「今度はゆず胡椒みたいなのが良い」といわれました。
そんなの、あったっけ?



あと電卓って、「電子機器」?


三日間のワークショップを終えました。
結果的には大変勉強になったと言ってよし。

しかし、食中毒って恐ろしい。
日本人はその点、あまりにも無知かも知れません。
正直言って、カルチャーショックを受けましたよ。


カナダの学者に「日本には疫学が存在しない」と言われたり、

ワークショップの先生である微生物学者も
食中毒を起こさない三か条
・付けない
・増やさない
・殺す
「これに加えて、日本人は『知る』ことです」


あーもう本当にその通りだと思いました。
もう
・生牡蠣
・レバ刺し
・鳥わさ
こういった物は食べません。生卵も出来る限り控えます。

皆様も、「●●菌は熱に強い?」とかそういう情報が
欲しかったら言ってください。大体教えられます。




でも寿司はやめられない。昨日もたらふく食いました。
それが日本人…。




2007.05.24 また別の勉強
仕事上の必要性があって、昨日から食品安全に関する
セミナーというかワークショップに参加して、勉強しています。



・O-157
・ノロウイルス
・カンピロバクター
・サルモネラ菌
・腸炎ビブリオ菌
・セレウス菌
・ウェルシュ菌
・ボツリヌス菌
・黄色ブドウ球菌



以上のような食中毒菌に関する、
・生育温度や毒性などの特徴
・安全性を確保する方法(科学的根拠)
など、真剣に勉強していて、更に知識を広げたいのですが、
こと日本にはちゃんとしたデータベース等が無いそうです。

先進国である日本が、極端に他国に遅れをとっている、
その最たる分野が食品衛生であるということも学びました。
何やってんだ厚生労働省。あと農林水産省。



もう、ぐるぐるです。ふーっ。


あと一枚DVDを見ると、
「簿記入門1」というカリキュラムを終了します。

ここでは、個人事業主の期首から期末までの会計を、
最もミニマムな形で紹介し、学ぶという内容を学習しました。
いわゆる「簿記一巡」の簡潔なモデルが理解できる
という意味では、結構重要な気がしました。


巷に売っている簿記の問題集を買って、
学習に役立てようかとも思いましたが、やめました。


送られてくる問題集は、テキストと連動していて、
「テキストのこの論点を理解してもらいたくて、この問題がある」
ということが、とても分かりやすい内容になっています。


なので、そうしたことを生かすために、
「この問題集そのものを何度も繰り返す」ことにしました。

その上で、間違えた部分について、「間違えた理由」
を押さえておく。
フェネ吉が教えてくれた学習法や、
その他色々な勉強方を考えても、これが一番良いはずです。



ということで、頑張っていますよ。



昨日は茨城へ。

茨城からの帰路。20時前後にあのへんから東京に戻ろう、
という時には、まぁ多少気力も萎えてますよ、えぇ。


そんな折、Suicaで事前に(ホームで)購入できる、
「Suicaグリーン券」なるものがあることを知りました。
一般電車でグリーン車が付いている路線って
たまに見かけるけど、高そうでなんだか敷居が高い
感じがしていました。
でも、Suicaグリーン券だと少し安い。
休日だと、更に凄く安いみたいです。



で、これを買ってグリーンに乗りました。
茨城のその駅から、上野駅までの約一時間、
グリーン車内で静かに、まったり。
とってものんびりした気分で、良かったのです。



ちょっとお金が掛かりますが、これからも利用しようと思います。


2007.05.20 結婚記念日
本日、それでございまして、おかげさまで三年目を
迎える運びとなりましたです。

そんなことに関連して、今日は浦安にお買い物に出掛け、
目当ての買い物を済ませた後、近所のブックオフに入りました。




最近、というかずっと、野球関連の本ばかり読むので、
おあつらえ向きにそのコーナーへ。
すると、珍しい人の本を見つけました。


「岩田暁美さん」という人をご存知でしょうか?
数年前まで、東京ドームで試合の終わったジャイアンツの
長嶋茂雄監督の周りを取り巻く記者の一人として、
・茶髪
・色黒
・堂々たる体躯
以上によって大変目立っていた方です。


ジャイアンツファンには良く知られた方だったそうですが、
数年前に若くして亡くなられたことを知り、驚いていました。

その岩田暁美さんの本を見つけ、これは珍しい!と即購入。



本来は、ブックオフというのは「新古書店である」という理由で
あまり好きではないのですが、なんと帰ってきてこの本を開くと、

ほかならぬ、岩田暁美さんご本人のサイン入りの本だったのです。




これは、古書(新古書ではないもんね)ならでは、
しかも、もう今後新たに手に入れることができない点を
考えても、貴重なものを手に入れたなぁ、と、感慨なのでした。


今日は家で仕事をして、それから風呂に入って
近所にある、われわれ夫婦の間で最近ホットな
焼肉屋へ行き、ディナーを堪能しました。


普段は三種のお肉と数種のキムチが乗った、
お得な「プレート」を頼んで安く上げるのですが、
今日はちょっと奮発してしまいました。

タン塩、よし。
ハラミ、よし。
そして、特上カルビよし。



シアワセな夜でした。げふーっ。





何だこの普通の日記は(笑)。


2007.05.17 また呑み
勉強もしているのですが。


おとといは、小倉マコト、中島哲平と呑みました。
三人で、しかも店で呑むってのは相当久しぶりか、
もしくははじめてなのでは…という感じでしたが、
大変楽しかったです。
それぞれの環境の変化とか、色々感じるものがありました。

そしてまたまた、こうしたことの重要性をうむうむと思うのです。



本当に勉強も、していますので。悪しからず。
7月まで授業内容が本格化しないから、少し余裕こいて
しまっているのは確かです。

そうしていたら、更に次の教材が送られてきて、驚いたりしています。


日付が変わってしまいましたが。


今まで二つの授業を受講して、
・代表的な勘定科目
・小切手の決済方法
・手形の扱い方
・商品有高帳の扱い方
以上のようなことを学習してきました。


今回は、
・残りの各種債権・債務科目
~貸付金・借入金
~手形貸付金・手形借入金
~前払金・前受金
~仮払金・借受金
~預り金
などです。中でも、「源泉徴収」が「預り金」になる
という考え方はなるほど!で納得なのでした。

それから、
・勘定科目の詳細
・仕分の修正(これは大事だそうです)
・試算表(残高試算表・合計試算表・合計残高試算表)
・決算

以上の内容を学習しました。
目に見えて分量が増えてきまして、一気にテキストも、
全体の三分の二まで来ました。わくわくです。


明日から、今日の学習部分をじっくり復習します。
ただし、今日以前の分でも、問題集をこなしていて
間違ってしまう部分がありました。
これを、普段からチェックして復習しているのですが、
タイミングを設けてまとめて復習することも考えています。


また、今回のテキストが終わったら、まとめノートを
作成しようと思っています。
そして、それを今後も続けて行こうとも思っています。
先日フェネ吉から教わった勉強法を考えると、
どうやらそれがよさそうな気がするのです。
ノートには、
・論点ごとのまとめ
・重要なポイント
・間違えた問題集の問題ナンバー
・全体のまとめ

こんなことを書いてみるつもりです。がんばるぞい!!


2007.05.12 遊び、大切
水曜日は、フェネギーとおもちゃがウチに遊びにきました。
勉強法を教わったり、テレビや映画などの
話をしたり、とても良い時間でした。

昨日は、くらちゃんとたかぢと新橋で呑みました。
それぞれの仕事の話をするのが、とても刺激になりました。


どちらの時間も、友達と共有する時間の大切さを、痛感しました。
そして、みんなから共通して得られるのは、音楽的な刺激です。
これも決して、忘れてはいけないと実感しています。



どれだけ勉強が大変でも、うまく時間をコントロールして
できるだけこういう時間を持とうと、肝に銘じました。



みんな、本当にありがとう!


2007.05.10 今から
大分行ってきます♪



飛行機の中で勉強か…。
「空勉」ですな。


2007.05.08 今日は
茨城のお客様へ、18:30アポです。ひえーっ。
帰宅は何時になることやら…。



電車の中で、復習することにします。


2007.05.07 連休明け
連休明け、仕事初日です。


連休前から前倒しで作業をこなしてきたせいか、
それほど大変ではありません。
余裕を持ってスケジュールを練り直して、
ぼちぼちとやれているのがいい感じ。


まぁ、連休中どっかに長期遊びに出かけたり
していないので、感覚の戻りが早いのかも知れませんが。
とにかく、こういう感じが続くといいですね~。



今年も、人が働いている時に遊びに行く計画を立てる気でいます。


2007.05.06 連休:まとめ
仕事をしたりもしましたが、おおむねゆっくりできました。


そして何より、学習をスタートできたのが大きかったです。
まずはスタート、そして引き続きがんばるのです。


昨日は第2講のDVDを早速見ましたが、簿記の
・仕訳帳の記入方法
・総勘定元帳の記入方法
・小切手の考え方
・返品・割引・割戻・値引の考え方
以上の内容を学習しました。


ここらはとにかく、練習問題を多くこなして
慣れるしか無いところのようです。
問題集をちょっとやってみましたが、
細かいミスをしてしまいました。
何度も反復して、こなしてゆくのです!



さて、明日からまた仕事です。頑張るぞい!!


学習の中で分かったこととして、
さらにいくつかの特徴がありました。


・予習はしなくても良い
・そんな時間があったら復習する
・テキストに「線を引く場所」も教えてくれる
・試験でも使用する大切な「電卓の選び方」まで教えてくれる


まぁ大抵は予想できるようなことなのですが、
三番目のやつは驚きました。
「ここからここまで、チェックを入れてください」
「ここから、この言葉まで線を引いてください」
などと、教えてくれるのです。

これは、意外に大きな意味がある気がしています。
自分もそうなのですが、線を引きすぎてノートが
ずいぶんカラフルになってしまい、
何が重要なのか結局わからないという(笑)、
あの状態が防げるわけです。


これはきっと、見直す・復習する時に、はじめて
その効果に気づくと思われます。


2007.05.03 勉強初日
早速、最初のDVD学習をはじめました。
まずは、「貸借対照表」と「損益計算書」の
関係について学習しました。

貸借対照表(B/S)の、
・資産
・負債
・資本

損益計算書(P/L)の、
・費用
・収益

これらの関係性の重要さを勉強しました。
あとは、表の左側が「借方」、右側が「貸方」
といった、基本的なことです。


テキストと問題集を使って、分かりやすく学習できましたが、
昨日見た「オリエンテーション」のDVDが、普通に
「黒板の前で資料を手にしゃべっている先生」
だったのに対し、今日みたのは、
「ハイテクなレジュメをバックに、良く分からない場所で
 喋っている先生の図」でした。


一回ごとに、行った講義自体を録画して、
録画するごとに通信生に送っているのかと思いきや、
出来上がったものをまとめて送っているとは
思いもつきませんでした。


しかし、送料を考えたら、それも当然か…。
出来上がったものにしては先生が「噛みすぎ」
であることを除いて、納得な感じなのでした。


ついにこの日がやって参りました。
そう、教材が届いたのです~♪


中を開いて内容を確認して…だんだん実感が湧いてきました。
そして早速、一時間ちょっとの「オリエンテーション」DVDを見る。
いわゆる「学習の手引き」的な内容なのですが、話が分かりやすいです。

いわく、
・全部を覚えようとしないこと。(細かい知識は後回し)
・勉強した足跡をテキストに残しておくことが、復習に役立つ。
・苦手科目を作らないことが大事。
など、役に立つコメントが多くありました。


中でも、
「目標を定めて学習する」ことの重要性についての話は興味深かった。
1人間の集中力は、持続してもせいぜい一時間。
2ならば、だらだら長時間勉強するのではなく、
 一時間くらいで達成できる目標を定めて、
 終わるごとにチェックする等すると効果を挙げやすい。

こうすれば、「気がついたら8時間経っていた」なんてことも!?


こんな説明だったのですが、目からウロコでした。
仕事の上でも、お客様と接している時間はともかく、
バックヤード的に作業をこなす必要性に迫られる時があります。

そんな時、この考え方はとても役に立つと思いました。
というか、実際に長時間の作業の際の息切れが課題だったのです。
「目標はこま切れに」。これかなり、大事です。




さていよいよそんなわけで、明日から学習開始です。
頑張るのです!!頑張るのです!!!おー!!!!!


何日目とか数えるの、不毛ですね。


連休の合間、もしやと思っていましたが、教材はまだ届きません。


ご飯が美味しくて幸せな毎日ですが、
晩御飯を食べたあと、すぐ寝てしまうことがあります。
体が疲れているのか、なんなのでしょうか?
今日も8時前から、10時前まで、約二時間眠ってしまいました。


明日仕事して、その後の四連休は思いっきり休むつもりです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。