上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.03.11 あの日
15時にアポイントのあった客先へ行くため、客先の最寄り駅から
客先に向けて歩いている最中でした。

都内だけど古い商店街のあるその街で、大きな揺れを認識したときには、
地割れを気にするべきか、建物の倒壊を気にするべきか、
必死に頭の回転数を上げて考えているうち、「公園があるぞ」という
叫び声に促され、近くにあるその公園に退避したのでした。


その公園で確認できたのは、持っていたガラケーの電波が繋がらないこと。
携帯サイトで情報も確認できず、電話も掛けられない。
アポもあるからと客先へ伺うが余震も多く、お互い家族も心配だし、
とリスケした上でお開きに。
外へ出たは良いものの、電車は止まっているしどうしたものやら。

ドトールに入ってPCを開き、Wifiを使ったネット回線は生きていることを確認し、
家族へ安否確認のメール。お互いの安全を確認してからは、
電話会社の提供している災害伝言板でやり取りすることで合意する。

店を出ると大変ラッキーなことに、客を下ろしているタクシーを発見。
高速に乗って自宅近くのインターまで行ってくれと言うと、
高速は全て通行止めだと知らされる。いくらかかるかぞっとしたが、
一般道で良いと答えつつ、今が異常な事態なのだと再認識。
金の問題などではない、と腹をくくる。


時刻は16時すぎ。


車が汐留・新橋に差し掛かる頃、17時をむかえる。
歩道に人が増えてきて、騒がしくなってきた。


最初はコンビニに、飲食店。
そして公衆トイレ。
靴を売っている店。
しまいには、自転車を売っている店。

行列が出来る店の特徴が、時計が進む程に変わってくる。
歩道はもう、「行軍」という状態。
車に乗っている自分が、何か申し訳無いような気分。
しかし、歩いている人の方が明らかに前に進めているほどの渋滞。


車内でも携帯が繋がるようになり、ラジオ放送もある為、
少しずつ状況が把握できてきた。これはかなり、深刻な事態だ。

運転手も家族と連絡が付き、嬉しそうな様子。
運転中などと固いことは言っていられない。非常事態なのだ。
「良かったですね」と心からの言葉を発した。



自宅に着いたのは、22時半。乗ってから約6時間半。料金は、まぁいい。

この時はまだ、翌日から電気・水道・食料の戦いが待っていることなど、
想像もしていなかった。そんな二年前の、あの日。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。