上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.08.24 甲子園
有力校が続々と敗退していたので、あまり気にして
見ていなかったのですが、準々決勝を見ていて鳥肌。


佐賀北高校。凄かったですね。
準々決勝は他ならぬ我が母校である東東京代表が相手
だったのですが、そもそも母校の野球部なんて応援する
気も無く(他の運動部は迫害されてきましたから)、
緊迫した試合展開に見入ってしまいました。

ホームでのクロスプレーの連続。
かの東東京代表も、二遊間でのグラブトスで応戦。
「この試合で勝った方が優勝するだろうな」
と直感的に思いました。


そして、決勝のあの戦い。
判定への不満など、色々波紋もあったようですが、
やっぱり高校野球が一番面白い、と感じさせられた。
なんたって、お釣り無しの逆転満塁ホームランで
試合が決まってしまったわけですよ。

プロだったら、二回で先発投手がKOされた時点で
試合が決まっていた。そのくらいの試合でした。

しかし、プレーの未熟さ、エラー、勢いの強弱、
そんな色々な要素が、4点5点くらいはワンチャンスで
ひっくり返る展開を生み出してしまう。

高野連には色々と問題があるかも知れないけど、
ゲームバランス的には、高校野球が一番見ていて楽しいのです。




大阪在住時代に甲子園で見た、尽誠学園の伊良部、
上宮の元木・種田、東亜学園の川島、
松商学園の上田、四日市工業の井出元。
みんな、懐かしい思い出なのです。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryoh030jp.blog32.fc2.com/tb.php/263-9a82ab94
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。