上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
113問中、
・不正解=14
・覚えていない論点、565中=89

反復二回目にしてはいい感じです。


六法にチェックを入れながらやることで、
ある程度試験範囲を逃さず勉強できていることが確認できて、
その面では精神的に落ち着いています。

反復の成果も出てきているし、
今回取り組んでいる問題集は、
単に正解の根拠となる条文を示す形でなく、
法学的な考え方をベースに解説が書かれているので、
「なるほどそうか」と得心するところも多々あり。


例えば、
「行政行為の違法性を裁判所に問う場合、不当性も問うことができるか」
という趣旨の肢に対して、
「そもそも裁判所って、訴訟事件の違法性を問うところでしょ?」

という感じで解説が書かれている。
“言われてみれば当たり前”なところが、頭が固まってると
見えなくなったりしがち。その辺をフラットにしてくれるので、ありがたいのです。



さて、今日は40字記述問題にトライ。
行政法の過去問を、もう一度解きなおす作業もしたいと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryoh030jp.blog32.fc2.com/tb.php/366-d292b6e3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。