上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.24 再開
さて、学習再開です。

と言っても、旅行に行く前に、今日やるまでの段取りを済ませてしまったので、
今日は明日からの課題の準備です。

過去問をベースに作った音読資料1と、予想問題をベースに作った
音読資料2の統合作業を行います。

そして、明日からは前に考えていたように、
曜日ごとに、
・憲法・会社法
・民法
・行政法
・一般知識
・40字記述問題

以上の課題を、音読・六法ライン引き・過去問・予想問題などでこなし、
週末に予想模試を解きます。

んで、予想模試の結果あやふやな論点や分からない部分があったら、
またその内容を音読資料に追記、六法で確認。

以上のような作業を、これから8週繰り返します。



もう一度、課題の整理。

・憲法
条文・判例ともに、代表的なものは押さえられている。
内閣・総理・議院の権能など、若干暗記が必要な部分が
課題となるかも知れない。

・会社法
条文をしらみつぶしに追うことは諦める。
問題に出てきた論点に集中して、必要な知識を整理。
株主総会と取締役会の決議事項の違いが重要か。

・民法
ある程度条文の追いかけはできたが、これもしらみつぶしは無謀。
試験に良く出る代表的な論点を中心に、まとめれば良し。
制限行為能力者の差異や消滅時効の差異など、若干の暗記が必要か。

・行政法
手続関連の法規は、音読と六法で更に確実に知識を植えつけるべき。
地方自治法は会社法と同様、問題に出てきた論点を中心とする。
出訴期間の制限について、若干の暗記が必要か。

・一般知識
予想問題をこなす中、点数は取れているが、
予算や経済に関する問題がちょっと苦手。
ADR・裁判員制度・サミット等、ホットな時事問題はねらい目。
音読資料をベースに、今後の予想模試で知識を補完。
まだ対策を行っていないに等しい「文章理解」の問題は、
スピードだけが問題なので、予想模試で慣れておくこと。

・40字記述
予想問題では、キーワードはほぼ確実に押さえられるようになった。
40字という制限の中で、主語の入れ方や文章の組み立て方等、まだ練習が必要。
これも予想模試での知識補完は必須。



以上、備忘録。
リフレッシュして溜めたパワーで、頑張ります。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryoh030jp.blog32.fc2.com/tb.php/376-cd16d244
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。