上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まず、行政法。

昨年の本試験では、13問中9問正解という、
大きな得点源となった科目です。

暗記中心の学習が奏功し、その対策が直前に最も実った科目。
今年の課題を挙げるとすれば、
・行政事件訴訟法の知識不足
・国家賠償法・行政事件訴訟法の判例知識の補充
こんなところか、と思っています。

音読・暗記をこなし、過去問の正解率は68%。
まずまず、といったところです。



そして記述式。
問題を読み→頭から知識を引っ張り出す→文章化する
この作業が要求される科目。
昨年、一般知識の足きりに遭った為、正式な採点結果は
知る由もありませんが、三問とも間違いなく得点にはなっていました。
何より全て、専門学校の答案練習や公開模試で出ていた問題
ばかりだったのです。(それにしても、少し分かりやすい問題ではありました)

今年も、去年対策の為に解き続けてきた、100問程度の問題をベースに、
対策を練って行きたいと考えています。

今のところ、正解率は60%ほど。
掴むべき論旨をもう一度明確にする学習を、進めていきます。




今日は、良い問題集を見つけました。
1.今年の課題であった、昨年と同じような、漫然とした反復をしたくない点
2.憲法・基礎法学等の過去問には既に意味が無く、
  想定される問題に合った予想問題に触れたかった

以上のことに合致する問題集を、比較的容易に見つけることが出来ました。
今週の課題は、
・一般知識(政治・経済・社会)
・憲法・基礎法学・地方自治法・会社法

なのですが、部分的に、この新たな問題集を使いたいと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryoh030jp.blog32.fc2.com/tb.php/612-a5dca5d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。