上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は上記科目の音読暗記。


・会社法・商法
去年から苦手にしている科目です。
苦手の理由としては、似通った言葉が多く、覚え切れないこと。
行政法規のように条文全てを暗記の対象にできるような
量ではない為、要点を絞った学習になりがちです。
そうすると、漏れたところは全く点にならないという問題。

商法は総則・商行為の現代語部分は何とか暗記できそうなので、
新規追加となるが、頑張ってみることにする。


・憲法
難問が多いが、法学的思考で解ける問題もある科目。
過去のように、条文さえ暗記しておけば取れるような科目ではない。
これは去年も書いたように、試験委員が異端児だから。
書籍や予備校もそこを意識した問題を取り入れているので、
良い練習が出来ているとは思う。

また、判例知識の幅を広げたことで、奏功する部分もあるはず。
ここでの加点を目指します。


・基礎法学
まともにがっぷり四つに組もうとすると、いくら勉強しても足りない科目。
そんな中でも、2問中1問は最低取りたい科目。
・用語や主義の知識
・法律の歴史問題
・法格言
・法制度改革

以上の問題が多いので、的を絞って覚えていく。
法学的思考で解ける問題もあるので、頭の使い方の練習をする。

行政書士は、ADRや法テラスに積極的に参加する方針を
打ち出しているそうなので、そのあたりの問題も
要チェック、と考えています。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryoh030jp.blog32.fc2.com/tb.php/642-6f5223c5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。