上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
合計点=¥198点(合格点=180点)


やったぞっ!!!以下詳細です。

・法令択一=28/40問
内訳:
 憲法・基礎法学=6/7問
 行政法=10/13問
 地方自治法=3/6問
 民法=7/9問
 会社法=2/5問
法令択一で15問以内に不正解を抑えられたのは初めてかも。
このレベルを本試験でも叩き出したいところです。

・多肢選択式=8/12問
ちょっと考えさせられました。
本試験でもこれくらいひねってくるでしょう、とのこと。

・記述式=26/60点
結論は押さえられているけど、キーワードが抜けているなど、
辛い失点もありました。カバーのしどころです。

・一般知識=11/14問
知識と、思考でも解けた問題がありました。良い感じ。



去年も含めて、過去最高点です。
この1回目の模試に照準を合わせていたので、本当に嬉しいです。
特に基礎法学や憲法など、思考を伴う問題を、落ち着いて
よく考えて、正解を導き出せたことが大きい。
この傾向を続けてゆきたいと思います。

また、三時間を有効に使って、見直しによって修正した3問のうち、
2問を正解に導く、ということもできました。
この落ち着きは、経験がものを言っているはずなので、
今年の大きなアドバンテージと考えて良さそうです。


予備校のN講師は、僕のことを覚えていてくださって、
去年の試験などについて色々話をしました。

去年は民法が格段に易しかったので、民法が得意な人は
それだけでスルスルっと合格してしまったケースもあったようです。
ただし、今年も同じ傾向になるかどうかは…。
色々なストーリーに対応できるように力をつけておくことが大事、
という話がとても印象的でした。


水曜日の連休最終日には、記述問題の徹底答練があるそうなので、
思い切って申し込んでしまいました。

それまでに、今回の復習もみっちり終えるのです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryoh030jp.blog32.fc2.com/tb.php/658-262894ef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。