上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
合計点=¥168点(合格点=180点)


あうー(泣)。最後の最後でやってしまいました…。


・法令択一=21/40問
内訳:
 憲法・基礎法学=4/7問
 行政法=10/14問
 地方自治法=4/5問
 民法=3/9問
 会社法=0/5問
会社法が頼りなさ過ぎます。そして民法も。
特に民法は、記述も含めて本試験までに最後のテコ入れをします。
行政法は頼もしくなってきました。

・多肢選択式=10/12問
難しい論点もありましたが、よく解けました。
落ち着いて向き合えば、このくらいは取れる科目になってきました。

・記述式=32/60点
あくまで自己採点で。
引き続き、テコ入れ対象ですが、まぁまぁ取れています。

・一般知識=8/14問
政治・経済・社会がほぼ全滅。
そこを、これまで重点課題にしてきた情報通信・個人情報保護で
見事にカバーできたという、まさに対策が生きた形。



全体的に、「最悪のケース」を想定できたとして、前向きに捉えたいと思います。
実力が向上していることは、今までの模試が証明してくれている。
特に今回は、
【今まであまり扱われていなかったニッチな論点だけど、抑えておいた方が良いよ】
というスレスレの論点ばかりが出題されたので、
良いインプットになった、と捉えるのが正解だと思われます。




いよいよ受験まで、残り3週間です。
去年のこの時期より、課題が明確で良い感じに思えます。

・記述問題の練習をベースに、民法の知識、行政法の細かい知識を総ざらいする
・政治・経済・社会について、模試で出てきた論点をきっちり押さえて対策する
・問題演習を繰り返して、アウトプット訓練と【全60問を俯瞰する視点】を磨く

その上で、24日の予備校での講義を経て、本試験に臨みたいと思います。



一昨日、受験票も届きました。
本試験直前には、今年の試験地にも下見に行こうと思います。

いよいよ、いよいよという感じが、強まって参りました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryoh030jp.blog32.fc2.com/tb.php/669-26564e6f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。