上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.10.02 仕事のこと
たまには、仕事のことでも書くか。




民事法務、企業法務、許認可と、少しずつ経験を積ませて頂き、
ようやく行政書士業務にも慣れてきた感があります。

国際業務にも対応できる様、今月は研修を受けに行く予定。
色々と、動きが活発になってきます。


「どんな仕事ができるのか」と聞かれた場合、
「自分だけで解決できないことがあったら、何でも相談してください」
という言い方をします。
(もちろん、業際問題に触れるような内容はきちんと説明しますが)

コンサルティング業務もそのような感覚で企業のサポートをするわけですが、
こちらはもう少し、あらかじめ目的がはっきりしています。
法律屋の場合は、まさしく上記のような感覚が強いです。

それは、多くの人が「自分がまさかこんな目に遭うとは思わなかった」
というような場面で、能力を発揮する仕事だから、だと思います。


・ご家族が亡くなる
・人との間で争いが起こる
・会社の経営上の手続きがうまく行かない
・人に貸した物が返ってこない
・当然あると思っていた自分の権利が認められない

例えばこうした場面です。



ただこういう場面でいつでも・誰でもお助けできるか、と言うとそうではなくて、
正確に現状を把握して、その上で判断する必要があります。

・いつ・誰が・何故・何をした
・いつ・何が・どのように・どうなった

こうした経緯や証拠を、メモでも殴り書きでもなんでも良いので、
残しておいていただくと、大変話がスムーズになります。




事実さえ把握できれば、どの方向へ進むべきか、道筋が見えてくる。
何か、色々なことに通じる気がしますね。

という訳で、皆様からのご依頼をお待ちしております。(宣伝でした)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryoh030jp.blog32.fc2.com/tb.php/842-195055b5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。